金地病院で甲状腺手術をして5日目 違和感はあるがほぼ普通の生活へ

こんにちは。にぎやかな女です。

手術をしてから5日目です。

手術後4日目はこちら↓

金地病院で甲状腺がんを手術して4日目 軽い運動を始める
スポンサーリンク

まだ首元の違和感は続く

手術から5日経過したとはいえ、手術からあまり時間が経っていないことは確かです。

飲み物は病院に設置してある自販機で購入して飲んでいましたが、やはりペットボトルは上を向いて飲まないといけないので辛い状況が続いています。痛いわけではないけれど、上を向きながら飲み込むのがとても困難です。上を向いて口に含んでから前に向き直し、飲み込まないといけません。

手術した部分の違和感はまだ消えません。チリチリして少し痛むというか、小さい虫が首元をたくさん這っているというか(表現が気持ち悪くてすいません)、イヤーな感覚が続いています。

気になる退院の日は?

木曜日に手術をして、翌週の金曜日か土曜日に退院できるということで話が進んでいました。でも土曜日になってしまってはマズい理由が…子たちの小学校の運動会です。子の行事には全部参加できるように入院の予定を立てましたが、1日遅れたら楽しみにしている運動会に行くこともできないし、退院後も大荷物を持って電車で帰宅しないといけなくなります。

「退院の日は…?」と看護師さん聞いてみたところ、「何もなければ金曜日に退院です。」と言われ嬉しかったことを覚えています。まだ医師の判断ではないけれど、毎日患者さんを診ている看護師さんの判断であればほぼ確実だろう、と。

父と伯母がお見舞いに来て気分転換

この日は父と伯母が一緒にお見舞いに来てくれました。私の方がよっぽど若い(と言っても30半ばですが)のに心配をかけて申し訳ない気持ちでいっぱいです。手術後もいつもとほぼ変わりない姿で会うことができて、安心してもらえたみたい。

私も久しぶりに父や伯母とたくさんお話できて楽しかったし、気分転換にもなって良かった。時間が有り余ってあまりにも暇だったし暇つぶし(失礼な表現)になった。

入院…長い

手術前後の日と比べて内容がどんどん薄くなっています。というのも、もう退院しても大丈夫な程度には回復していたからです。あくまでも自分目線ですが…特段点滴もなく、診察も朝に軽くするのみです。東京の表参道の甲状腺の専門病院ではこの頃には退院する頃のようですね。それに比べるとやはり入院期間は金地病院は長いかな、と思います。軽い運動はもちろん継続しています。

お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました