にぎやかすぎる毎日〜5人の子を持つ女〜

2年おきに5回出産。5人の子どもたちの母をしています。そんな母のドタバタな日常と私なりの考えを書き綴っています。

4番目の子は卵アレルギー 検査結果と今後の食事指導

calendar

reload

こんにちは。にぎやかな女です。

4番目の子には卵アレルギーがあります。

スポンサーリンク

離乳食で卵アレルギー発症!卵なし生活へ

初めて離乳食として食べさせたとき、嘔吐とじんましんを発症しました。それはそれはとてもかわいそうな状態でした。すぐに病院に行き検査。4段階の判定で一番症状の強い4という結果…それからの食事は卵は一切食べないことを余儀なくされました。

私自身が卵があまり好きではないので、卵料理をしないことは特に苦になりませんでした。でも本当にいろいろなものに卵って含まれているんです。卵の入っていない食品を見つけるのに苦労しました。このメーカーのカニカマには卵が入っていて、あのメーカーのには入っていなくて、という具合に。

卵入りの食品を食べてしまう

卵は食べないようにという指導でしたが、いつの間にかパンを勝手に食べてしまっていました。時すでに遅し、スナックパンを1本食べ終えていました。様子を伺いましたが特に何も変わりなく、ホッとしたことを思い出します。

その後調べてみると、卵のアレルギー物質は高温で分解されてしまうということが分かりました。パンや揚げ物など、高温調理されているものは食べさせてしまっていました。

2回目の検査…結果と今後の食事指導

前回の検査から約1年9ヶ月。結果は…変わらず4の判定でした。改善されていると思っていたのでがっかりです。

ただ年齢的にも少しずつ慣らしていける可能性があるとのこと。卵1個で卵焼きを作って少しずつ食べ進めていきます。1日目は32分の1を食べてみる、アレルギーの症状が出なければ1週間毎日32分の1の卵焼きを食べ続けます。2週目は16分の1に増やします。増やして症状が出なければ2週間毎日16分の1の卵焼きを食べ続けます。

アレルギー症状が出てしまったときのために薬が処方されました。飲み薬と塗り薬、ともに抗ヒスタミン薬です。

昨日久しぶりに卵を食べさせましたが、特に症状がなかったので指導されたように食べ進めていく予定です。3週間後に受診するのでまたその後についてご報告します。

お読みいただきありがとうございました。

minneにて作家名miiiinaで作品公開中。ぜひ見に来てくださいね♡

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す