にぎやかすぎる毎日〜5人の子を持つ女〜

2年おきに5回出産。5人の子どもたちの母をしています。そんな母のドタバタな日常と私なりの考えを書き綴っています。

たくさんのおもちゃがやってきた 少しのおもちゃで良いと改めて思う

calendar

こんにちは。にぎやかな女です。

夫が仕事関係の方からおもちゃをもらってきました。私はもらっても困ると言ったのですが、何せ仕事関係の方だから拒否もできないとのこと…

スポンサーリンク

本当にたくさんもらってきた!

「おもちゃ、これから持って帰るよ。」と夫より連絡。30cm×30cmの箱が数箱だよと言われて当初思っていたよりも少ないのでは…と安心していました…が…

写真に収めていないのもあるかも。思っていたよりもはるかに多い!これでもその方のお宅にあるおもちゃの数分の1の量だって!廊下とリビングを埋め尽くすほどの量です。持ち帰ってきたのが真夜中だったので、ダンボールや明らかに不要なものをまとめて、最低限家族が生活できるスペースを確保してとりあえず眠りにつきます。

あまりのおもちゃの多さに呆然

日頃から家ではおもちゃを買いすぎないように、常に気を付けています。なんといっても子どもが5人で7人家族。おもちゃに場所を取られてしまうと、家族が生活する場所がなくなって、身動きが取れなくなってしまいます。

だから急に家に持ち帰ったおもちゃに本当に圧倒されてしまいました。家にあるおもちゃと同じ量くらい持ち帰ってくるんだもん。あまりの多さにどうやって片付けていったらいいか、頭の中はパニック、手が止まって片付けられません。

何年も放置されたおもちゃたち

段ボールにぐちゃぐちゃに入っているおもちゃ。もらってきた方のお子様はもう20歳くらいなので10年近く放置されていたものと思われます。どんな状態で保管していたのかは分かりませんが、とにかく埃っぽい。プラスチックのケースに入っている車のおもちゃもなぜか埃っぽい。

段ボールが1番埃っぽかったのですぐにおもちゃを出してゴミにまとめました。1つ1つのおもちゃもいつの間にか手が汚くなってくるほど薄汚れているので、地道に拭いたり物によっては水洗いをして埃っぽさを解消していきます。

おもちゃの行方

処分しても売っても何をしても良いとのことでその点については助かりました。あまりにひどいものや良く分からないものは処分しました。一部を家に残しましたが、収納場所に困った…既存のおもちゃで収納はぴったりだったから、はみ出た分がいまだに邪魔になっています…

残りの半分は子たちが通っている保育園に寄付しました。ちょうどおもちゃが痛んできているとのことで、良いタイミングだったみたいです。重くて持って行くのは大変でしたが、さっそく遊んでくれている様子を見ると嬉しいものです。

もう半分は売ってきました。2件おもちゃのリサイクルショップを回って、総額4050円なり。お店によって値段の付け方が全然違います。こちらの店で700円のものがあちらの店で3500円だったのでちょっと得した気分。

おもちゃは少しで良い

急におもちゃを処分することになるのは何でだろうと思っていたら、親族と同居を始めるということで急いで1部屋を片付けたかったようなのです。1部屋は完全におもちゃの物置になっていたみたいで…

片付けに困るような量のおもちゃは後々大変です。家ではこれ以上おもちゃを増やすことのないように気を付けていきたいです。結局のところ小学生くらいになるとおもちゃなんかでは遊ばなくなり、ゲーム機だとか女子はハンドメイド系のものだとかに移行していくんですよね。しかもうちは子が5人いるからおもちゃなんてなくとも楽しそうに遊んでいる。

増やしたくなくても小学生にもなれば学用品が必要になってくるし、おもちゃを大切に置いておく場所なんてないんです。おもちゃは少しだけあればなんとかなる…子どもはそこら辺にあるもの何でもおもちゃにできる才能があるから…

お読みいただきありがとうございました。

minneにて作家名miiiinaで作品公開中。ぜひ見に来てくださいね♡

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す