金地病院で手術をした翌日 体を動かせるようになり少しずつ回復

こんにちは。にぎやかな女です。

長い長い夜からの続きです。

手術当日後半はこちら↓

金地病院で甲状腺がん摘出 手術当日後編(全身麻酔から目覚めて以降)
スポンサーリンク

手術後の長い長い夜は続く

1:00から1:30までは完全に芽攻めてしまってしばらく眠れませんでした。手足は動かしても良くなったけれど、自分で体勢を変えることはできないから、まだまだ辛い時間は続きます。起きてて何もしないのも手持無沙汰なので、スマホを見て時間をつぶします。少し眠っては体が辛くて体勢を変えてもらって、を繰り返して何とか細切れに眠りました。

痰が絡んだら飲み込まないで出して、と言われていたけれど首やのどの痛みで普段みたいに痰をペッと出すのは無理。どうやったら痰が吐き出せるのか、方法が分からなくなるくらい無理でした。仕方なく飲み込んでのどの不快感を和らげていました。

長い夜が明け動けるようになる

7:30を過ぎると看護師さんがベッドを起こしてくれました。頭の重さを手術後の首がちゃんと支えてくれるのかとても不安でしたが、何とか起きることができました。その後は口をゆすいで、水を一口飲みました。痛みとつっかかるような苦しい感じはあるものの、飲み込めることは飲み込める。良かったぁーと思いましたよ。でも首に触れてみると違和感がすごい。フェイスラインがしびれているというか、何の感覚もないというか…顎の下から喉元まで幅7cmくらい全部違和感でした。手術前からこうなることは聞いていたけど、結構イヤな感覚

その後は朝食。久しぶりの食事です。ご飯はおかゆだったり、全てやわらかいおかずでしたが、分量は普段通りくらい。のどの痛みでちょっと辛かったけれど、全部食べました◎時間はかかりましたね。

膀胱カテーテルを取りスッキリ。でも普段から極力トイレに行きたくない私はちょっと残念。トイレに行かないで済むってすごく快適だったから!その後は体を蒸しタオルで拭いて着替え。そうそう、手術前に紙製のペラッペラのT字帯を付けたんだけど、この時びっくり。おりものが多めの日でシーツまで汚してしまいました…ペラッペラで不安なことは手術前に伝えたけど大丈夫って言われたからどうすることもできず…

9:00に回診があり、傷を覆っていたガーゼをはがしました。ついどうなってるのかとっても気になったから触ろうとしたらダメって注意されてしまいました…その後は消毒をしてもらいます。

4人部屋に戻り少しずつ回復

2階の個室から3階の4人部屋に移りました。元々4階の4人部屋にいたので荷物を全て持って移動します。といっても看護師さんがほぼ全部運んでくれます。1人はその日退院の方、もう1人は翌日退院、もう1人は同じ日に入院・手術をした方でした。退院の近い2人に「私たちより2人は元気そうね。手術の翌日は背中が曲がってたもんねぇ。」と言われました。同日に手術の方と私、結構体が動くだったようです。人によって術後の体調は様々ですね。

10:00頃トイレへ。膀胱カテーテルを取った後も違和感なく排尿できました。抗生物質の点滴は1日2回。痛み止めをもらったのでちょっと辛かった16:45くらいに飲んでみる。少し痛みが和らぐ。夕食の全がゆは量が多くて、一緒に出されたうめびしお(梅味噌?)では足りず、持ってきたふりかけをかけて食べました。

やはりこの日も眠れず…21:00消灯はやっぱり早い!

手術翌日のメモ

食事や水分の取り方

飲み込む動きは、上を向きながらだと痛いし、なぜか喉がつっぱるような感覚があってやろうと思ってもなかなかやりにくい。下を向きながら飲み込むと、痛みはあるもののラク。ペットボトルをいつものように上を向きながらゴクゴクと連続して飲むのは困難。飲むとしたら一口ずつ口に含んで下を向いて飲み込むこと。

理事長先生に言われた「朗読をしてください」

術後はどうしても声が出しづらい。声が出ないからといって声を出さないでいるのも良くない。だから朗読をして声を出して回復につなげると良いようだ。さすがに朗読はしなかったけれど、同じ病室の方とお話したり、看護師さんとお話したり、なるべくしゃべる機会を作った方が良い。

ストレッチ体操

1日3回くらいやると良いらしい。ドレーンが抜けるまでは肩をグルグル回すことと、あごを引いて下を向くことの2つ。もらったプリントにはなかったけど、上を向くことも試してみる…全然上をむけませんでした!目線だけ上に…良くなることを願って、無理のない範囲で上に向くことも追加してやってみた。

お読みいただきありがとうございました。

手術後2日目はこちら↓

金地病院で手術をして2日目 辛さは残る ドレーンは取れるのか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました