にぎやかすぎる毎日〜5人の子を持つ女〜

2年おきに5回出産。5人の子どもたちの母をしています。そんな母のドタバタな日常と私なりの考えを書き綴っています。

ランドセル用のキーケースの作り方 レースのファスナーを使って簡単に

calendar

こんにちは。にぎやかな女です。

重い腰を上げてやっと完成させたランドセル用のキーケース。

ランドセルのハーネスに巻き付けるタイプです。すべて直線で縫えば良いので簡単に作れます。

スポンサーリンク

ランドセル用キーケースの材料

材料はこちらです。

●ラミネート生地 
縦12cm×横18cm 1枚
縦12cm×横cm 1枚

●薄手の生地
縦16cm×横22cm 1枚
縦10cm×横4cm 1枚

●レースのファスナー1本(ダイソーで3本入り)
●キーリール 1個(セリア)
●キーホルダーパーツ 1組(セリアで2組入り)

●ミシン糸
●プラチックスナップ
何と100均でも売っている!セリアで見つけました。

もう一昔前からああれば良かったのに…取付用の道具一式揃えてしまいましたよ…

ランドセル用のキーケースの作り方

薄手の綿生地の大きい方を額縁縫いにしていきます。4辺とも1cm幅で2回折ります。しっかりアイロンをかけます。1cmを2回折るよりもまず2cmを折って、そのあと半分のところで折った方がサイズの狂いがないと思います。

額縁縫いをします。ランチマットなどを作るときの方法です。今回はステッチをする前のところで止めておきます。
小さい方の薄手の生地はリールやキーホルダーパーツをつなぐ紐になります。約1cm幅のひもを作ります。
両端をコバステッチ。
6cmと4cmに分けます。小さいのを2本作るよりも大きいのを作ってから切った方がラクなのです。大きい方のラミネート生地の右端から5.5cmのところに、小さいラミネート生地を1cmの縫い代で縫い付けます。小さい方のラミネート生地の右側(縫わなかった方)は端から1cmのところで折っておきます。
1cm折ったところにファスナーを縫い付けていきます。レースのファスナーだと上から縫うだけなので簡単です。
反対側のファスナーも縫い付けます。ファスナーを置いてみて自然なところに縫い付けます。リールを取り付けるひもも付けます。先ほど作った4cmのひもを使います。ファスナーから2cmのところに、端から5mmの縫い代で縫っておきます。
ファスナーの不要な部分を切り落とします。その際はファスナーの引手を生地のあるところまで引き上げてから切ってくださいね。
額縁縫いの途中になっている薄手の生地の中にファスナーを付けたラミネート生地を入れます。ラミネートが入らないようであれば適宜周りを切り落とします。6cmのひもは表に出るように、ファスナーから3cmのところに付けます。心配ならラミネート生地に端から5mmくらいのところで仮止めしておくと良いかもしれません。
1周ぐるりと縫います。
形になってきました!
キーホルダーパーツを付けるひもを折り上げてこの辺りを縫います。↓パーツを付けていきます。プラスチックスナップは上下それぞれ3cmのところに付けました。
できあがりです☆こんな風に使いますよ。

女の子用のキーケースだから良いけれど…

レースのファスナーを使ったので上からミシンで縫うだけで良かったけれど、レースではないファスナーの場合どうすればうまくキレイに簡単にできるのだろう…3番目の子が男の子なので小学生になる約2年後までには良い方法を考えておかないといけません!またその時は作り方を紹介しますね。

お読みいただきありがとうございました。