にぎやかすぎる毎日〜5人の子を持つ女〜

2年おきに5回出産。5人の子どもたちの母をしています。そんな母のドタバタな日常と私なりの考えを書き綴っています。

金地病院での手術日決定 思っていたよりも早くて…

calendar

こんにちは。にぎやかな女です。

甲状腺のがんと分かって辛いけれど、今まで通りの生活を続けています。

手術は年末あたり…と勝手に考えていた私。夫から早めてほしいと言われ、従うことに。

スポンサーリンク

金地病院での手術日決定

年末と考えていたので、次回の診察は9月の下旬。予約の日を変更するところからスタートです。

診察室で予約した場合はネットでの予約変更はできないらしく、電話で変更。

当日は出張から朝イチで帰ってきた夫と一緒に。のはずが夫が来るのが思ったより遅く、呼ばれた時に間に合わなかったので、まず1人で手術を早めたい旨を伝えました。夫が来てからまた呼びますと一旦診察室を出ます。

しばらく待ってから呼ばれて、2人改めて病状や手術の方法などを聞きました。夫は直接先生から話を聞けていろいろと納得したみたい。

最短でいつ手術できるのか聞いたら9月初旬、ってもうすぐ!心の準備が…(この日は8月…思い出して書いてます)

夫の仕事の都合でいつが入院・手術だと都合が良いか聞いてなかったから、10月初旬を希望してみたらまたダメって…1番良いのが9月の中頃でちょうど手術できる日が空いてたので、決定してしまいました!

年末が良いとゴネたんだけどね…仕事が忙しい時期と言われたらもうしょうがないよね。

授乳中でも手術はできるの?

5番目の子は絶賛授乳中。離乳食の進みはイマイチ。それなのに入院かぁと思っていると…

断乳をしてください、だって。乳腺炎などのトラブル防止のため、搾乳やマッサージが困難なため。そりゃそうだよね。入院・手術日が決まったからにはやるしかなくなってしまいました。

1歳まではあげようと思っていたおっぱい。手術前までなるべく長く、そして断乳後の生活リズムを整えられるように断乳日を決めました。手術の2週間前までにすると決定。

手術への恐怖や5番目の子の断乳の悩みなどを抱えて

全身麻酔も、首を切られるのも、断乳も何もかもが嫌になってきます。でも予約してしまったからには簡単にはキャンセルできない…

幸い家のことは夫がちゃんとやってくれると言っているし(当たり前だけどね)、手術日も珍しく(?)義両親が家に来てくれて子たちの面倒を見てくれるってことだから、私もしっかりしないと。

今書いてるのが実はもう入院中で…

また入院中の出来事も綴っていきます。

お読みいただきありがとうございました。

minneにて作家名miiiinaで作品公開中。ぜひ見に来てくださいね♡

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す