にぎやかすぎる毎日〜4人の子を持つ女〜

2年おきに4回出産。4人の子どもたちの母をしています。そんな母のドタバタな日常と私なりの考えを書き綴っています。

外出先で子どもを放置しない 迷惑をかけたくないしケガもイヤ!

calendar

こんにちは。にぎやかな女です。

子どもとお出かけするときは、公園などの場所を除いて、3歳くらいまでは手をつないで手を離さないようにしています。また4歳以降くらいでは常に気を配って、一緒に行動するように心がけています。

この心がけは1~4番目の子まで共通していて夫とも同じ考えなのですが、世の中的にはそうでもないのでしょうか…?

スポンサーリンク

ニトリへ行って…子ども放置しすぎ

子どもが1人で走り回っていようが親は商品を見るのに夢中…走り回っているのを追いかけているけれど捕まえる気ゼロに見える…子どもが商品(電球)を手に取って箱を開けようとしているのに親と祖母らしき人物は会計していて気付かず…

(↑これはうちの子たち…こういう時だけは1歳の子も手を離しています)

私や夫だったら子どもが走りだそうものならすぐに止めるし、商品を手にした時点もしくは触ろうとした時点ですぐにやめさせます。そんなふうに放置している親なんて信じられません。しかも子どもが複数ではなく1人だけなんです。なんでたった1人なのにまともに見ることができないのか疑問です。

子どもの手を離さない、必ず一緒に行動する理由

当然と言えば当然なのですが、3つほど理由があります。

周りの方に迷惑をかけたくない

わが子の振る舞いによってケガをさせてしまったり、ケガまでいかないにしろ走ってぶつかるなどしてしまうのは当然ダメだと考えています。ぶつかってしまった相手が小さい子だったり、障害を持つ方だったり、高齢者であった場合、命にかかわる可能性もあるのです。

子どもにケガをさせたくない

自分が目を離したがためにケガをしてしまう、場合によっては命にかかわることもある。そうなってしまった場合取り返しがつかないし、後悔してもしきれません。

子どもにはなるべく痛い思いをさせたくないのが親心です。

そこら辺にあるものを壊してはいけない

お店であればそこの商品や什器、外であれば樹木や道路の柵など、自分のものではないのです。何でも自分のもののように扱ってはいけないのです。子どもからしたらもちろん軽い気持ちなのでしょうが、そこを我慢させるのがやはり親の役目だと考えています。

少なくともわが子だけはきちっとさせる

私1人がすべての親に子どもの手を離さないでほしい、と伝えることはできません。でもせめて自分の子たちだけは手を離すことなく、目を離すこともしたくないのです。4人子どもがいるから仕方ない、と思われたくないのです。

とはいえ本日さっそく失敗…水やりをしていたらいつの間にか4番目の子が道路に…反省…水やりのタイミングをもうちょっと考えないといけません。

お読みいただきありがとうございました。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す