にぎやかすぎる毎日〜4人の子を持つ女〜

2年おきに4回出産。4人の子どもたちの母をしています。そんな母のドタバタな日常と私なりの考えを書き綴っています。

体が辛い…そんな時も最低限の家事で済むような生活スタイルで

calendar

こんにちは。にぎやかな女です。

妊娠6ヶ月になるとだいぶおなかも重くなってきますね。まだまだそんなにおなかは大きくない、と思っていましたが、昨日お風呂上りに鏡を見てびっくりしました。デ、デカい…

ボチボチ周りの人たちも妊娠していることに気づき始めました。ふわっとした服でカバーできていると思っていたんだけどな。

スポンサーリンク

突然のおなかの張り

昨日は午前中から夕方にかけて普段通り元気に過ごしていました。ゴミの日に合わせてやりたいと思っていた庭木の剪定も午後の暑い時間にしましたが、それまでは本当に何ともなかったんです。

園に子たちを迎えに行く直前になってどうもおなかがおかしいと気付きました。何だかとても張ってしまい、チクチクチクチク痛みました。帰宅してゆっくりしていてもなかなか解消せずで困りました。

最低限の家事はする…

夫は夕方から仕事で不在のため何も頼めず…大量の洗濯も畳んでいないし、お風呂も洗っていないし、夕食も作らないといけないし、園で泥んこ遊びをしてきた服の処理もしないといけないし…やることは盛りだくさんです。

大量の洗濯物はとりあえず畳むだけ畳み、しまうのは後回し。お風呂はいつも通り浴槽だけ洗います。夕食は生のつくねを買っておいたものを適当に丸めて焼くだけ。と、ぬか漬けを出して切ってみそ汁を作って終わり。泥んこ遊びの服はこればかりはしっかりやるしかなく辛かった…しかも相当泥んこ遊びを楽しんだようですごい泥…洗ってもなかなか取れず一苦労でした。

少しずつやったり手抜きを覚えると何とかなる

お風呂掃除は入る前に浴槽を洗い、出る前に洗い場のタイルやイス、マットなどを洗うようにしています。2回に分けて掃除をしているから負担感が少なくて済むのです。

夕食の準備はいつも適当だけど、同じ材料でも手をかけるメニューと手をかけないメニューを身につけて(?)、辛いとき、時間のないときは手をかけないメニューで何とかしのぎます。最近はぬか漬けという手抜きを覚えたので、野菜のメニューとして欠かせなくなっています。ぬかから出して切るだけでラクしてます。

夕食後の片付けも面倒にならないように、なるべく使う食器を少なくするよう心掛けています。

子たちに家事を負担のない範囲でやってもらえば、もう少しラクなのかもしれないと思います。でも子どもってやっぱり遊んでいるのが楽しいし、家のことは母に丸投げしてもやってもらえるという安心感が嬉しいのかな、とも思います。私自身ほぼお手伝いはせずに育ってきたので、余計にそう思うのかもしれません。

無理なく少しずつ家事はするようにして、ほんのちょっと子の手を借りられるようにこの夏教えていこうかな。

お読みいただきありがとうございました。