にぎやかすぎる毎日〜4人の子を持つ女〜

2年おきに4回出産。4人の子どもたちの母をしています。そんな母のドタバタな日常と私なりの考えを書き綴っています。

出産準備品…授乳グッズやおむつ用品、リストの必要度に惑わされないで

calendar

こんにちは。にぎやかな女です。

今、子たちに通わせている園の新園が開園するということで、不要になった育児用品の募集をしていました。にぎやかな女からもいくつか提供しました。「こんなにきれいなのにいいの?」と言われたんです。必要と思って購入したにもかかわらず、やはりあまり必要なくそのまま放置しておいた結果ですね。きれいであっても使わなかったら家に置いておく意味もないんです。有効活用してもらいたいから今回手放しました。

育児グッズについてのお話です。授乳グッズとおむつ用品編。

スポンサーリンク

授乳グッズ

哺乳瓶と乳首

おっぱいが出る出ないがあります。出産前に要不要を判断するのは難しいです。どうしても事前に購入しておきたいのであれば2本ほど。事前に購入しなくとも必要であれば退院直後にドラッグストアに行き、購入しても良いと思います。おっぱいがたくさん出れば必要ないですし、出がイマイチ、または家族等に赤ちゃんを預ける機会があるということであれば必要になりますね。

哺乳瓶ブラシ

哺乳瓶と乳首を購入するときにあわせて購入。

哺乳瓶用洗剤

普通の食器洗い用の洗剤でも問題ないかな、と思います。ただにぎやかな女も1番目の子のときはちゃんとしていたので、専用の洗剤を使っていました。

消毒用品

哺乳瓶と乳首を購入するときにあわせて購入。にぎやかな女は薬液につけるタイプではなく電子レンジでできるタイプを使いました。誰でも簡単に消毒ができるのでとても便利です。

粉ミルクケース

お出かけの機会があれば必要ですが、家にいる限りはあまり必要ではありません。100均にも売っています。

授乳クッション

退院して数週間はまだまだ赤ちゃんが小さくてあったほうが授乳はラクにできます。ただ、その後はあまり使いません。何かほかの物で代用できそうですね。

哺乳瓶ポーチ

ミルクを飲む赤ちゃんであればお出かけのときに必要ですね。でもタオルで巻くなど、専用のポーチでなくとも良さそうです。

調乳ポット

完全ミルクの方であれば重宝するでしょう。でもポットややかんでお湯は沸かせるので、あまり必要とは思いません。

搾乳機

事前に用意するほどのものではありませんし、必要になったときに購入すれば問題ないです。必要度は低め。

ハイハイ

おむつ用品

紙おむつ

1パック新生児用のものを用意しておきましょう。新生児用のおむつは意外にもすぐサイズアウトしてしまうので、都度購入するのが良いです。

布おむつ

3番目の子のときに初めて布おむつにチャレンジしましたが、洗濯物が確実に増えるので覚悟してください。4番目の子は…余裕がなく紙おむつです…

布おむつ

20枚は最低でも必要です。ただ、退院直後はママの体調も優れないかと思いますので無理は禁物。体調が戻ってくる1~2ヶ月頃に始めると良いでしょう。

おむつカバー

6枚くらいあると良いです。ただ、漏れてしまって1日に何度も取り替えて間に合わないこともあります。

おむつライナー

あればうんちの処理がラクです。

おしりふき

1番目の子~3番目の子までは脱脂綿を購入しお湯や水で湿らせて拭いていました。お肌のことを考えたらこれが一番です。でも面倒さに負けて4番目の子は市販のものです。ただ肌が弱く水99.9%のものでないと肌荒れしてしまいます。市販のものを利用するのであれば初めから大量に『箱買い』することはお勧めできません。お肌に合うことを確認してからのほうが良いでしょう。

おしりふきウォーマー

あの『ヒヤッ』がなくなって赤ちゃんがびっくりしなくて良いですね。冬であればこたつの中におしりふきを入れておいたり、一枚ずつ手で温めてから使ったり、工夫次第でなくても大丈夫です。

おむつ用ゴミ箱

においが漏れなくて良いですね。でも専用のものでなくとも、フタ付きのゴミ箱でも良いかもしれません。

お読みいただきありがとうございました。