にぎやかすぎる毎日〜4人の子を持つ女〜

2年おきに4回出産。4人の子どもたちの母をしています。そんな母のドタバタな日常と私なりの考えを書き綴っています。

赤ちゃんの沐浴 誰も教えてくれないギャン泣きしない技とは?

calendar

reload

こんにちは。強風で毎日のように洗濯物を飛ばしているにぎやかな女です。

赤ちゃんの沐浴は大イベント!小さくて柔らかい体は支えづらく、お湯にチャポーンと落としてしまいそうで怖いですよね。でもポイントをおさえればラクに沐浴ができるようになりますよ。4人の赤ちゃんを沐浴させてきたにぎやかな女が、ギャン泣きさせない技を公開します。

お風呂

スポンサーリンク

沐浴の方法

これはたぶん普通です。何の工夫もありません。

育児書にも書いてあって産院でも沐浴指導があるので、ここではさっと説明します。

①ベビーバスにお湯を用意(40℃くらい)

給湯器の温度設定をすると簡単。なければ温度計を使って。

②着替えとオムツ、バスタオルを準備

ベビーバスの近くに準備。

③赤ちゃんベビーバスに入る

ゆっくり入る。一枚大きなガーゼをかけると赤ちゃんが怖がらなくなる。

④赤ちゃんを優しく洗う

目、顔、頭、首、腕、おなか、足、背中の順で必要に応じてガーゼや石けんを使って洗っていく。しわの部分に汚れや垢がたまりやすいので念入りに。

⑤上がり湯をかける

優しく石けんを残さないようにかける。可能であればシャワーで。

⑥体を拭く

拭き残しのないように。

⑦おへそのケアやスキンケア 

必要に応じてお手入れ。

本当に普通です。普通すぎです。ごめんなさい。これ以上話が膨らみません。

 

でも…次、初公開の技です!

育児書には書いていない赤ちゃんがギャン泣きしない技

ベビーバスの中では温かくて気持ちがいいのか、とても機嫌よくしていました。でもベビーバスから出たとたんに泣き始めませんか?うちではみんなギャン泣きでした。1~3番目の子のときまではなぜ泣くのか検討もつきませんでした。それまで機嫌が良くて体は温まってるはずだし、そんなに部屋も寒くないし…

4番目の子のときに初めて気がついたんです。ベビーバスから出してバスタオルに超高速移動していることを!寒いだろうから早く拭いてあげたいというその行動が、逆に赤ちゃんをびっくりさせてしまうことを!

高速移動をやめるとギャン泣きは減りました。そりゃあんな高速移動びっくりするよね。自分がお風呂から出た直後にジェットコースターに乗せられるようなものだね。子よ、気がつかなくて毎日ジェットコースターに乗せてごめんね。

まとめ

『上がり湯をかける』と『体を拭く』の間に『高速移動させない』を追加しましょう。よって今日から沐浴の手順は以下になりました。

①ベビーバスにお湯を用意(40℃くらい)

②着替えとオムツ、バスタオルを準備

③赤ちゃんベビーバスに入る

④赤ちゃんを優しく洗う

⑤上がり湯をかける

⑥バスタオルまでゆっくり移動

⑦体を拭く

⑧おへそのケアやスキンケア

 

お読みいただきありがとうございました。

 

全国のパパママ子育てに奮闘中。


にほんブログ村