にぎやかすぎる毎日〜4人の子を持つ女〜

2年おきに4回出産。4人の子どもたちの母をしています。そんな母のドタバタな日常と私なりの考えを書き綴っています。

乳歯の後ろから永久歯が生えてきた!歯医者での処置は?

calendar

こんにちは。にぎやかな女です。

やっと1番目の子の永久歯が生えてきました。下側2本です。現在7歳9か月。早い子だと就学前に前歯が生え変わっていますよね。

スポンサーリンク

やっと生えてきた永久歯…でも

「鏡見たら歯が生えてきてる。2本。」って。口を開けてもらい見てみると、確かに生えています。ん?乳歯の後ろから生えてきているのね。でも歯って乳歯の下から永久歯が生えてきて、押し出して乳歯が抜けると思っていたので少し不思議に思いました。

乳歯は本人の申告だと揺れていないということでしたが、触ってみると少し揺れていました。とはいえ1mmもいかないくらいの揺れでした。新しい歯が生えてきたからといってすぐに抜けるものではないと思いしばらく様子を見ることに。

様子を見たものの…

夫に乳歯と永久歯が前後に生えているのはおかしい、と言われました。その後ネットで検索すると歯医者に行っても様子見になるというのを見て、きっと大丈夫だとにぎやかな女は勝手に判断します。

だって子供の歯って勝手に抜けるものでしょ?

でもやっぱり乳歯は抜けそうになく、再度夫からおかしいと言われます。歯医者に行ってこいと。ここで初めて歯医者に行くことを決意しました。

いざ歯医者へ!

レントゲンを撮って歯の状態を確認します。

通常であれば永久歯が乳歯を押し上げて、乳歯の根っこの部分が少しずつ体に吸収されて抜ける仕組みになっています。今回の1番目の子の場合、永久歯が乳歯の真下に生えず、乳歯の根っこが吸収されなかったので抜けなかったのです。

歯医者は「抜いちゃいましょう。」って。まさか抜くことになるとは思ってなかったからにぎやかな女は慌てました。本人に伝えると「いいよ。」とあっさり。親の方がビビってます。「注射で麻酔して抜くんだよ。」と詳しく説明すると歯医者に止められました。後から聞いたのですが、恐怖心を持たないようにするためだそうです。

コットンを子に見せ「これでやるからね。」と言って安心させます。タオルで目隠しされ施術スタートです。

コットンには麻酔がしみこませてあり、歯茎に当てて麻酔をきかせていきます。その後は注射の麻酔を丁寧にしていました。この注射の麻酔をする時間が一番時間がかかったように思います。麻酔がきくといよいよ抜歯です。グリグリとペンチのような器具で抜きます。すぐに抜けました。もう1本も抜きます。本人は痛みはなさそうで終始おとなしくしていました。

ガーゼを20~30分くらい噛んでおくように指示がありました。薬を処方してもらい、抗生物質を1日3回、痛み止めを2回分もらって終了です。2日後に消毒に来てくださいとのことでした。

帰宅して…麻酔と痛み

麻酔をしっかりしてもらったので口がおかしくなったと言い、その後はぐったりしていました。唇が晴れてしまったように感じていたみたいです。麻酔が切れてくると今度は抜いたところが痛いと。我慢できない訳ではなかったようなので痛み止めは使わずに済みました。

歯医者…適切に処置そしてアドバイスももらえる

疑問を感じたらやはり歯医者に行かないといけませんね。風邪やなんかと違って歯は勝手に治ることもないし、自分では症状についてもなかなか理解するのは困難です。

なぜ永久歯が乳歯の後ろから生えてしまったかというと、あごが小さく生えてくるスペースがなかったからということなのだそうです。このままいくと1番目の子の歯並びはもしかしたら悪くなるかもしれないと言われています。あごを大きくするために固いもの…スルメ等を1日10分くらい噛むと良いとアドバイスをいただきました。

にぎやかな女もたまには歯の検診をしてもらわないと…