にぎやかすぎる毎日〜4人の子を持つ女〜

2年おきに4回出産。4人の子どもたちの母をしています。そんな母のドタバタな日常と私なりの考えを書き綴っています。

にぎやかすぎる理由

calendar

reload

こんにちは。

うちの人達がうるさいにぎやかすぎる理由について考えてみました!みんなが集まると本当ににぎやかすぎます…実情と今後の見通しについて考えていきたいと思います。『にぎやかすぎ』から『にぎやか』になる日を夢見て!

スポンサーリンク

1番目の子

とにかく兄弟達を仕切りたがる。絶対に自分の思い通りにしたいから兄弟が言いなりにならなければ、注意する声も大きくなる。

もう少しお姉さんになれば冷静になってくれるかも。今後に期待はしたいけどなかなか短気だからどうかな?

2番目の子

無駄に声が大きい。1番目の姉に負けたくないから姉に対して主張したい時は声の大きさMAX!

この声の大きさはそう簡単に変えられないような。その都度注意はするけど。姉に対しての態度は一緒にいる限り変わらないだろう。もしかして静かになることがなさそう?

3番目の子

魔の2歳児ということもあり、なんでも自分が自分がととにかくうるさい。男の子だからすべてが力強く、発する音は大きい。

 ↓

女兄弟にに囲まれているので、女に呆れて黙ってくれると嬉しい。とはいえまだ2歳。その域に達するまでは10年くらい必要かもしれない。しかし反抗期もそのうちくるだろうからやはり静かにはならない可能性大。

4番目の子 

0歳、もちろん赤ちゃんだから泣くのが仕事。仕方ない。ただ、泣いても母(私)の手が空いていないとちょっと放っておかれる。母は上3人(と夫)の世話やら家事もあるので後回しになってしまうことも。 体が小さい割に泣き声は大きい。

成長すれば泣くのが仕事ではなくなる。みんなが通った魔の2歳児をむかえることも予想され、上の子たちと同じくうるさくなること間違いなし!うさぎ

子がみんな集まると

家の中でマラソン大会が始まる。バタバタキャーキャー。(楽しそうではあるけれど)ソファでトランポリン。ドンドンキャーキャー。そうやって仲良く遊んでいてもなぜか最終的にケンカに発展。一方では怒る子、もう一方では泣く子が出てくる。

最短でもきっと4番目の子が小学生になるくらいまでは変わらなさそう。あと6年も!はぁー嫌だ。暴れることがなくなったとしても、口ゲンカがすごくなりそう。

 夫

子達がケンカしていたり悪さをしたりうるさければ「ふざけんなコラァァッッ!!」と怒る。くしゃみが大きい。何はなくともテレビをつけて、音量大きめ。(私がテレビ好きではないから気になるだけかも?)

子達が成長しても怒り続けることが予想される!くしゃみやテレビは、今までの習慣もあるからそう簡単に変えられない。

ちょっとしたことでも怒る。怒る声は無駄に大きい。

その『ちょっとしたこと』は子たちがこの家にいる限りなくならないことが予想される。ということは怒り続けること間違いなし!

 結果

1人ずつ分析していきましたが、残念なことに(!?)にぎやかすぎるのは変わりそうにありません!とてもがっかりです。ご近所の皆さん、申し訳ございません!あぁ、辛い日々は続く…ただ、私が怒るのは減らしていきたいです。怒ると疲れるだけですから。

まとめ

子が多い少ないに関係なく子が小さいうちはにぎやかすぎるのが普通なのかもしれません。ただ私には耐えがたいです!「今が一番良い時よ。」と子育てを経験してきた方達に本当に良く言われます。「あの時は良かった。楽しかった。」と思う日が来ることを信じて日々過ごしていきたいです!

 

お読みいただきありがとうございました。

 

ほかのパパママも子育て格闘中。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す