にぎやかすぎる毎日〜4人の子を持つ女〜

2年おきに4回出産。4人の子どもたちの母をしています。そんな母のドタバタな日常と私なりの考えを書き綴っています。

綿100%がお気に入り!でもポリエステル混を買うこともある

calendar

reload

こんにちは。にぎやかな女です。

最近服を買うにもちょっとしたこだわりが…それゆえなかなか好みの服が見つからないのが悩みです。

今回はカットソー素材についてです。

スポンサーリンク

Tシャツ・カットソーは綿生地を

気に入った服はなるべく長持ちさせたいと考えています。そして子どもと過ごす時間が多いので子どもの肌への刺激が少なく、洗濯機で気にせずに洗える素材が良いのです。

綿100

そして毛玉になりにくく長く着られるというメリットもあります。気に入っているカットソーやパーカーで綿100%のものは中には10年くらい愛用している物もあります。

だから綿100%素材が1番のお気に入りなのです。

ポリエステル混素材…毛玉の理由

ポリエステルは強くて繊維が長いという特性があります。でもカットソー素材に仕上げるときには風合いを良くするために、長い繊維を短く切って撚り合せているのです。

例えば綿のようなさほど強くない素材であれば、毛羽が立って毛玉になってもすぐに切れて落ちてしまいます。ポリエステルはそうはいきません。繊維が強いので毛玉になると落ちることなくそのまま服にとどまってしまうのです。

でもポリエステル混には綿100%にはないメリットも

綿100%と異なり、滑らかな肌触りです。ドレープがきれいに出たり、柔らかい質感を表現することができます。また濡れても乾きやすいのです。洗濯の乾かない時期や天気でも乾きやすいのは嬉しいですね。

割り切ってポリエステル混素材の服を買うこともある

服のタグを見るとポリエステル65%綿35%の素材が多く使われているのが分かります。1~2年くらいで処分する前提でこの素材の服を購入することもあります。

ポリエステル65綿35

最近良くある袖コンシャスのカットソー、綿100%で探してもなかなかありません。ドレープがきれいに表現できないのです。

ポリエステル混だと価格もお手頃な服が多くあります。流行モノ等はあまり高い金額を出してまで購入したいとは思えないのです。

こういう場合には割り切って購入するのも悪くないのです。

メリットデメリットを理解したうえで購入

「このデザインでこの素材だったら良いな。」「このデザインでこの素材はちょっと…。」と考えて購入するようにしています。長持ちしない素材なのに長く着る前提で購入したり、長持ちする素材なのに流行モノだったらちょっと悲しい…

必ず素材とデザイン、流行を照らし合わせて購入するように心がけています。

 

お読みいただきありがとうございました。